オーバーヒート、限界突破、大気圏突破してしまった、

絶品ラーメンを地球を拠点に惑星方式にて紹介

月 水 金 火 木 土 天 海 冥 太 ...の惑星の10段階で不定期更新

スマホでの閲覧時にはダブルタップが見やすくなります



2014年06月15日

坦々麺 希虎

-----------------------------------------------------
住所:愛知県豊橋市中浜町219-45
営業時間:11:30〜14:00、17:30〜翌日の1:00
定休日:水曜日
-----------------------------------------------------

坦々麺(白) ★★★★★★★| 金星到着



先日、別の初訪問の御店で食べた衝撃の坦々麺とは、
又、違った衝撃を受けた御店。
対称的な位置付けというか、
坦々麺の性格を強く感じる事ができる一杯となりました。
厨房の前に並んでいるスパイスの群が印象的ですが、
とにかく汁の中毒性が高くて汁を飲むレンゲが止まりません。
この濃厚な汁と麺との絡みも抜群です。
具の方は、大きな青梗菜、搾菜、挽肉、ネギなど。
見た目もシンプルで非常に好感が持てます。
ペースト状の白胡麻と八角の効きが見事。
辛さは中辛で。自家製のラー油も混ざり、
香りも豊かで素晴らしいです。
こんな素敵な御店が東三河に埋もれているだなんて、
ちょっとビックリしますね。かなりオススメできます。
次回は黒胡麻の方を挑戦しよう。

塩坦々麺(白)



こちらは、通常の坦々麺の、ややアッサリなバージョン。
坦々麺は辛さも選べますが、大辛でも食べやすい辛さで、
そんなに辛くないので最上ランクの特辛でもイイかもです。
店舗などの写真
posted by 鯨  元  帥 at 2014-06-15-00:00 | らーめん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月13日

極つ庵 総本店

-----------------------------------------------------
住所:愛知県安城市井杭山町高見6-11
営業時間:11:30〜14:30、18:30〜22:30
定休日:月曜日、第ニ火曜日
-----------------------------------------------------

釜揚げしらす麺 ★★★★★★★| 月面到着



しらすしらすしらすしらすしらすしらすしらすしらすしらす
しらすしらすしらすしらすしらすしらすしらすしらすしらす
しらすしらすしらすしらすしらすしらすしらすしらすしらす
食べても 食べても しらすしらすしらすしらすしらすしらす
麺の量は180g程の普通で注文。
モチモチの自家製麺は相変わらず会心の一撃。
とにかく しらす が最後まで麺に絡みつきます。
アッサリな汁で食べやすいです。
お客さんを驚かそうと創られたそうですが、
見事に美味しいアイデア作品でした。

味玉海老つけ麺 ひやもり ★★★★★★★| 金星到着



この御店の作品の中でも個人的に、
特に、一番、好きな作品だったりします。
動物系に合わさる海老の風味と香ばしさが、
ダイレクトで何とも見事なんです。
海老好きにはタマラナイ一杯。
全粒粉入りの太い自家製麺も食べ応えが抜群。
モチモチ感の中にも絶妙なコシと弾力があって、
汁との絡みも見ていてウットリ。

特製つけ麺 ひやもり



ごっついメンマと味玉と、
分厚いチャーシューが入っている汁は目の保養に。
この御店の素敵なトッピングの、
ほぐし豚が入れば更にゴージャスになりそう。
かなり研究されていて魂を感じる、
自家製麺の存在は、やっぱり主役でございます。
店舗などの写真
posted by 鯨  元  帥 at 2014-06-13-00:00 | らーめん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月12日

讃岐手打ちうどん 我流

-----------------------------------------------------
住所:愛知県西尾市下羽角町六反60-1
営業時間:11:00〜14:00、18:00〜21:00
定休日:火曜日
-----------------------------------------------------

我流拉麺 極上冷やし ★★★★★★★| 金星到着



後述の、我流拉麺 の 冷やしバージョン と言った単純なものではなくて完全に別物。
今回、相当、感動させられた作品。自分の中でド真ん中で名前負けしていない一杯。
アッサリとした体に優しいスープは繊細かつ上品で魚介をジワジワと感じる黄金の汁。
どんどん加速していきレンゲが止まらなくなる。ススル悦び。とにかくススル悦び。
バシっとシマった喉越しが心地よい中太の縮れ麺との相性も抜群なオシドリ夫婦です。
別皿で来る具は素朴な味わいのチャーシューや魚粉や柚子胡椒や海苔やメンマなど。
魚粉や具を汁の中に移す事で味わいを変えて楽しむ事もできますが僕は具は要らない。
この黄金の汁と麺の世界に何も介入させたくない、介入するなといわんばかりの仲に、
ちょっと嫉妬をしてしまう程に美しくて、筆舌に尽くし難い味わいでした。拍手喝采。
看板の、うどん が美味しい御店なのに、拉麺 も美味しいだなんで真に罪であります。

バリ堅 豆乳ざる ★★★★★★★| 水星到着



我流にて kibun.de..sachio とのコラボ作品。kibun.de.garyu の短期限定企画作品。
キブサチさんの煮豚とドラマが待ち構えている隠し要素が満載の豪華絢爛な一杯です。
最初から最後まで飽きさせないような構成になっていますが、ここまでされるとは。
具のバジルやパセリなど俄かにイタリアンも垣間見る事ができます。汁の中には茄子。
つけ汁のファーストコンタクトの衝撃が凄くて驚愕。旨みがかなり凝縮されています。
麺の方から汁に楽しそうに泳ぎ、そして絡み始めます。とにかく汁の存在感が大きい。
隠し要素としては、何と...麺の中に白米が隠されています。麺を食べ終えたら、
今度は、つけ汁を白米に掛けて食すスタイルに変化。一石二鳥の仕様となっています。
そして白米の下には、最後の隠し玉の刻まれた玉葱が隠されております。
レギュラー化の希望も間違いなく多いと推測される儚い一杯。

我流拉麺 ★★★★★★★| 月面到着



名店の、うどん屋なのに、ラーメンが登場...。こ、これは事件ですね。
しかしラーメンではなく拉麺。かなり、うどん に近いテイストの和風なる一杯。
胡椒のパンチが、かなり効いているのが特徴的。ストレートに伝わってきます。
途中から柚子胡椒も参戦して魚介の味わいの輪郭に更なるシャープが冴えます。

kibun.de..sachio の 煮豚



kibun.de..sachio にて、我流とのコラボ作品である、
和風豆乳冷やしっ!確変...?! も美味しく堪能させて頂きましたが、
コチラは、我流の麺を使った、何と うどん の混ぜそばになっています。
煮豚、八丁味噌のタレ、チーズカレーと贅沢に味わいの変化を楽しめます。
綺麗に写真も撮らせて頂いたのですが、今回、作業中に、誤って、
消去してしまったので...残念ですが、キブサチらしさが光る一杯でした。
写真は作って頂いた煮豚。この御店の看板!?ともいうべき存在感です。
店舗などの写真
posted by 鯨  元  帥 at 2014-06-12-00:00 | らーめん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月11日

包子

-----------------------------------------------------
住所:愛知県岡崎市大平町西上野107
営業時間:11:00〜15:00、17:30〜22:00
定休日:木曜日
-----------------------------------------------------

坦坦麺 ★★★★★★★| 水星到着



初訪問。一見、お蕎麦屋にも見えますが、家庭的な隠れ家的な存在の中華屋。
個人的に衝撃をうけた坦坦麺です。よくある様な、よく想像する様な担々麺を、
イイ意味で見事に裏切ってくれる。何とも言えない味。とにかく汁が美味しい。
癖になりそうで素敵。自家製ラー油とナッツの風味がキーワードでしょうか。
汁と麺が絡むタイプの担々麺というよりは、ススル、飲むタイプの担々麺ですね。
色々とメニューも豊富で、他のラーメンの作品も非常に気になります、この御店。

アグー豚の小籠包



元、一流ホテルの料理人が仕掛けるコチラの沖縄から直送された黒豚を使った、
小籠包も絶品です。箸で刺し、少々の黒酢と生姜でレンゲですくう幸せのヒトトキ。
黄金の汁を目で確認できた時は嬉しくなりますね。何個も食べる事ができそうです。
店舗などの写真
posted by 鯨  元  帥 at 2014-06-11-00:00 | らーめん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月25日

みやひろ 支店

-----------------------------------------------------
住所:静岡県浜松市中区布橋2-14-14
営業時間:11:30〜19:30
定休日:木曜日
-----------------------------------------------------

チャーシューワンタン麺 ★★★★★★★| 火星到着



"支店"の方になります。かなり昔ながらしていて逸品の一杯を提供してくれます。
今年に入って食べたラーメンの中では、一番、印象に残った想い出の作品です。
麺とワンタンが喧嘩する事なく仲良く共存。ワンタンには肉は入っておりませんが、
平べったいモチっとした面積の広いワンタンが加わると食感にも華が咲きますね。
チャーシューは肉本来の味を楽しめます。これだけ入っていると凄く嬉しいです。
彼は薄すぎず厚すぎずな丁度いい絶妙な厚さと硬さで脂身はほとんどないタイプ。
汁はアッサリ寄りですがシッカリと深みもあってススルのが心地よくてタマラナイ。
ここまで、これぞチャーシューメンだ!ってのがストレートに伝わってきたのも、
脳内では珍しい出来事でありました。その後の体の反応の行く先は見事に楽園。
店舗などの写真
posted by 鯨  元  帥 at 2014-05-25-00:00 | らーめん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする